誕生

みなさんもお風呂上りにはバスタオルを使って体を拭きますよね。
毎日当たり前のように使っているバスタオルですが、いつごろ誕生したものかご存じですか?
なかなか知る機会も考える機会もないですよね。
わかりやすくご説明しますね。

まずバスタオルという言葉ですが、スペイン語かフランス語から伝わってきたと言われています。
拭きとる布という意味を持つ、スペイン語のアーリャとフランス語のティレールが語源となります。
長い時のなかで、バスタオルという言葉に変わっていったと考えられます。

原料となるものを、1850年にヘンリー・クリスティーという人物が発見したことから誕生します。
ヘンリー・クリスティーはその原料を使って新たなものを生み出そうと考えます。
サミュエル・ホルトという人物に話、やがて製品づくりを始めます。
こうして作り出したものをターキッシュタオルと言い、とても反響が大きかったのでアメリカで会社を設立しました。
そうして世の中にタオルが広まっていきました。

日本で初めて輸入されたのは、明治初期と言われており、ちゃんと記録にも残っているそうです。
その頃は、とても高級なものとして扱われており、体を拭くためではなく、マフラーとして使われていました。
1887年あたりから日本も本格的に生産を始めました。






What's New


2013/02/13
新着記事2を更新。
2012/11/14
新着記事を更新。
2012/03/23
呼び方を更新。
2012/03/23
片付けを更新。
2012/03/23
ふわふわを更新。
2012/03/23
洗い方を更新。
2012/03/23
バスタオルで夢心地を更新。
2012/03/23
ホームページリニューアル

Recommend Entry

ヨガの時にも

最近流行りのヨガ、当然マットも必要になってきますが、このバスタオルでも十分役目を果たしてくれます。床を汚すこともありませんし、快適に楽しむ事ができますよ。

ストレッチに

バスタオルって「バス」とはついてますけど、他の場面でも大活躍してくれますよね。最近私は、床に敷いて、ストレッチの時に使っています。直に座ると冷たいですからね。